ニトリ歯科クリニック

東京都江戸川区の歯科・歯医者
ニトリ歯科クリニック

03-3672-8148
東京都江戸川区西小岩1丁目27-14

診療案内

歯周病について

歯周病について歯周病(歯槽膿漏)とは30歳以上の80%が罹っている
歯周とは歯の周りの部分のことで歯茎(歯肉)とかアゴの骨のことを言います。
以前は歯槽膿漏と呼ばれていたが歯槽膿漏とは、はぐき(歯肉)から膿(うみ)のでる病気ですがそれ以外にも症状があることから現在は「歯周病」と呼ばれています。

ただ歯周病と一言で言っても軽い状態のものから重症のものまであります
どんなに重症になってしまった歯周病ももともとは軽い状態から始まることがほとんどなのです。

その軽い状態での予防が効果的です

 

歯周病
あなたは大丈夫?

下の項目で当てはまることがありますか?
チェックしてみてください。

□ 口臭が気になる。
□ 歯を磨くと歯ぐきから血がでる。
□ 唾液がネバネバする。
□ 最近、歯が長くなった様に見える。
□ 歯ぐきが赤い。
□ 歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい。
□ 歯ぐきを押すと柔らかく、痛みもある。
□ 冷たいものがしみる。
□ 歯ぐきから膿が出ることがある。
□ 歯がグラグラする。

上の項目で2つ以上チェックのついた方は、歯周病の可能性が高いので、ご相談ください。

歯周病は早期発見・早期治療が最も重要です。

 

インプラント

インプラント 永久歯が抜けてしまうと、二度と歯は生え変わりません。今までは歯が抜けると「入れ歯」を使用するか、ブリッジといわれる”かぶせもの”をするのが通常の方法でした。しかし「入れ歯」だと、うまく噛めない、言葉がうまく発音できない、使用している間にガタついて違和感を感じたりするなど、いろいろ不自由な場合がありました。 「インプラント治療」は耐久性、噛む力などにおいて、とても天然の歯に近く、“第二の永久歯”とも言われている新しい治療法です。歯が抜けた後の顎の骨に、人工歯根(インプラント材)のボルトを埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯をつけるという治療方法です。